BOYS BOYS BOYS!

DRAWINGS
ヒロト×タツヤ
岡田×山下
エトセトラ
らくがき
ABOUT
LINKS

『SS』でタグられてるイラスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田×山下02

山下のオナニーを目撃してしまった夜、部屋に戻った俺は彼の淫らな姿をオカズに抜いた。
初めて自慰をした時以上の罪悪感に襲われ、半ば絶望の中で眠りについた。

しばらくはオナニーをする気にもなれなかったが、どうにも下半身の疼きが納まらなくなったある日、俺は久しぶりにエロ本を開いた。
好みの女の子のページを開き、その娘の乳房を揉みしだきながら激しく腰を打ち付ける空想を膨らませる。俺は本来の青少年に相応しい自慰行為を順調に進めていた。次第にこみ上げてきた熱い衝動に神経を集中させ、俺は瞳を閉じた。
次の瞬間、俺がチンコをぶち込んでいた巨乳美女は姿を消し、代わりに俺の瞼に映し出されたのは山下の艶めかしい痴態だった。もう忘れたと思っていた彼の映像が驚くほど鮮明に再生される。
山下の記憶を振り払おうとすればするほど、あの夜の臨場感がどんどん蘇ってくる。
気がつけば俺はまた、頭の中の山下とシンクロして快感を貪っていた。
山下のペニスから精子が噴出すのと同時に、俺の先端からも約1週間分の白濁が溢れ出した。

『はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・。』

またやってしまった。友人を汚してしまった気がして後悔で胸が苦しくなる。
しかし、その後に沸きあがってきた感情は前回感じた罪悪感とは少し違っていた。
自分でも上手く把握できない巨大な感覚が全身を支配する。恐怖にも似ていたその感覚は不思議な心地好さも伴っていて、胸の奥に熱が広がっていくように感じた。
一方で、俺の脳内は山下のことで一杯だった。山下に嫌われたくない。山下を失いたくない。山下と一緒に居たい。
山下が、欲しい。

俺は自分の思考を疑った。
しかし山下のことを考えただけで敏感に反応する俺の下半身が揺ぎ無い事実を示していた。


自分の感情に困惑しながらも、俺は四六時中山下のことを考えながら毎日を過ごしていた。
山下と一緒にいると今まで以上に楽しく感じるし、幸せな気分になれた。そういう意味ではとても喜ばしいことだ。
だが同時に山下に対する欲望も少しずつ大きさを増していった。


『ここで良い?』

「うん。サンキュー、岡田。適当に置いといて。」

入学式を10日後に控えたある土曜日、俺は山下と一緒に収納用品やら生活雑貨やらを買いに出かけた。
山下が5つも買ったプラスチック製の収納ケースで俺たちの運送許容量が限界を超えたので、俺の物は殆ど買わずに帰って来た。

「ごめんなー。岡田の買い物できなくて。」

『いいよ。どうせ明日もヒマだし。
 確かに収納ケースは買い過ぎだけどな。』

「あはは。俺こういうの無いとすぐ部屋散らかっちゃうから。」

そうは言っても山下の部屋は俺の部屋よりは断然片付いている。
洗濯や炊事もしっかりしているらしく、男子学生が一人暮らししているとは思えないほど清潔感の漂う部屋だ。
この部屋に来る度に、あの夜の出来事は夢だったのでは無いかと疑ってしまう。

「先に夕飯の買出し行っちゃう?」

『うん、じゃあ先に買ってきちゃおっか。』

俺の買い物ができなかったお詫びにと、山下がチャーハンを作ってくれることになっていた。
そうでなくとも、料理と言ったらゆで卵くらいしか作れない俺は度々山下の手料理をご馳走になっている。
その際、お礼と言うほどではないが、洗い物は俺が片付けている。自分の部屋では苦痛でしかない皿洗いだが、山下との食事の後のそれはとても気持ちの良い時間だ。

今日も2人分の食器を洗い終え、テレビを横目にサークルをどうするだの履修科目をどうするだのと話しているうちに夜が更けて行った。

『げっ!もう2時過ぎてんじゃん。』

「本当だ。やべぇ、風呂入ってねーし。」

『俺は明日の朝で良いから山下シャワー使えよ。』

「え、良いの?悪いな。」

このアパートには共用のシャワールームが1つだけある。
最寄の銭湯が少し離れているので、普段はこのシャワーを交代で使っている。

俺は自室に戻り寝る体制を整えた。
布団に潜り、明日買い物で見たいものを考えていると、シャワーを使う音が聞こえてこないことに気付いた。
山下はシャワーを浴びずに寝てしまったのだろうか。
いや、山下は必ず寝る前にシャワーを浴びる。山下がその生活リズムを崩すことは考えにくかった。

もしかして・・・
俺は直感的にあの夜のことを思い出した。
今もこの薄い壁の向こうで山下がオナニーをしているかと思うと、興奮した。
そして陰茎の勃起と共にみるみると膨れ上がった欲望に負けた俺は、物音を立てないよう細心の注意を払い、廊下へと移動した。

「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・・・・」

思った通り、山下の部屋からはあの日と同じ、湿った空気が漏れていた。

「あっ・・・んっ・・・・・・はぁっ・・・はぁっ・・・」

記憶していたよりも数段色っぽい山下の喘ぎ声に俺の自制心は成す術も無く敗れ去り、俺の視線はドアの隙間越しに見える山下の淫行に釘付けになった。

山下×岡田02_01

山下はベッドに背をもたれ、下着の上から自分のペニスを手のひらで撫で回すように愛撫している。
少年ぽさを感じさせるシンプルなブリーフの下で、確実に体積を増してゆく山下の陰茎。
薄明かりの中に浮かび上がる滑らかで筋肉質な身体。
ゆっくりと、じっくりと股間をまさぐる右手の動きに合わせて山下の腰がいやらしく前後する。
だんだんと深く大きくなってゆく呼吸音が鼓膜を伝わって俺の中に入ってくる。

山下×岡田02_02

身体をよじりながら左手でチャコールのタンクトップをまくり上げる。
桜色の可愛い乳首は下半身よりも一足先に硬く立ち上がっているようだ。
そのピチピチの尖りを指で弾く度に小さな声が漏れる。
時には力いっぱい捻り上げ、快感を噛み締める山下。
オナニーとは思えない、誰かに焦らされているようなもどかしい愛撫が続く。
まるで俺が山下を犯しているような錯覚さえ覚える。
時折見せるねだるような表情が堪らない。

山下×岡田02_03

さすがに山下も我慢できなくなったのか、ついにブリーフの中に手を入れ直にペニスを刺激し始める。

「んっ、あっ・・・あぁっ・・・・・・はっ、はっ・・・ぁ・・・」

時間をかけたせいか、大分敏感になっているようだ。
ブリーフから顔を出した山下の分身は透明な液体で濡れている。

「あ・・・、は・・・ぁ・・・あ、あぁ・・・っ」

ぐちゅっ・・・ちゅ・・・くちゅくちゅっ・・・・・・

山下の喘ぎ声に混じって卑猥な音がこぼれだす。

山下×岡田02_04

「んんっ・・・、はぁっ、はぁっはぁっはぁっはぁっ、はぁっはぁっはぁっ・・・」

山下はブリーフをずり下げ、パンパンに勃起した肉棒を勢い良く上下に扱く。
抑えていた声も次第に制御を失い、荒い息遣いが部屋中に木霊する。
どんどん淫乱になってゆく山下の姿に、俺のペニスもビンビンに反応している。
堪らず俺も下着の中に右手を突っ込んだ。

山下×岡田02_05

ついに山下はブリーフを脱ぎ去り、下半身を露にした。
カリの先から竿の付け根、キンタマまで丸見えだ。

すると山下は先端から溢れ出す先走りを左手にたっぷりと絡め取り、それを肛門に塗り込み始めた。
山下がまさかそんな行動に出るとは夢にも思わなかったので、俺は驚きと同時に強い興奮を覚えた。
まさか山下がオナニーで自分のアナルを弄るなんて・・・。
ついさっきまで一緒に食事を取ったりしていた山下が、エロビでも見たことの無いような淫らな姿になっていることに、俺はどうしようもなく興奮していた。
山下は更に深く、自らのアナルに指を突き刺し、グチュグチュと卑猥な音を立てて感じている。

「はぁっ・・・ぁんっ・・・!んっ・・・んっ・・・んはっ!・・・ぁ・・・っ」

山下の喘ぎ声はだんだんと甘い響きに変化していった。
前も後ろもグチョグチョに乱して善がっている山下を、俺はとても可愛いと感じた。
手を伸ばして抱き寄せたい。そして目茶苦茶に感じさせて精子が枯れるまで射精させたい。
もう山下を自分のものにしたくて仕方なかった。

山下×岡田02_06

山下も声を抑えられないほど興奮しているようで、最後の快感が近付くに連れてますます可愛らしい声を漏らしている。
声にならないような、ため息混じりの喘ぎ声が空気を伝わって俺の鼓膜を振動させる。

「はぁっ・・・はぁっ・・・ッ!んぁっ・・・ぁ・・・ぁあぁっ・・・!はぁっ!・・・ぁ・・・っ!」

一段とスピードを上げて扱かれ、ギチギチに充血したペニス。
激しく出入りを繰り返され、自らの先走りでグチャグチャのアナル。
山下の下半身からも粘着質な音が止め処なく溢れてくる。

ぐちゅぐちゅ・・・にちゃっにちゃっ・・・ぢゅりゅっ、くちゅ・・・!

山下×岡田02_07

「あっ!あぁっ!あぁっ!!」

山下は左手の中指と薬指をアナルの奥深くまで押し込み、グリグリと自分の中を掻き回す。

「んっ・・・くっ!はっ・・・ぁ!あっ!あぁっ・・・・・・!!」

肉体の深部から込み上げる快感に堪えきれず、山下のペニスからは濃厚な精液が大量に噴き出した。

「はあぁっ・・・ぁああぁあぁっーーー!!いっ・・・あぁっ・・・ッーーーっ!!」

山下のペニスからは幾度にも渡って精液が放出された。
よほど感じていたのだろうか、手を止めてもしばらく射精は止まらなかった。
アナルもヒクヒクと収縮を繰り返し、快感の余韻に浸っているようだ。

山下×岡田02_08

山下は肩で大きく息をしながら、精子まみれになった自分のペニスを空ろな瞳で眺めていた。

未だ絶頂を迎えずにビンビンに張り詰めた俺のペニスを開放すべく、俺は自室に戻った。
自分の手で山下を射精に導く想像を膨らませながら力いっぱい扱いた。
痛いくらいの快感と共に陰茎の付け根から精液が込み上げ、ペニスの先端から勢い良く溢れ出した。
たった今目の当たりにした山下の射精と同じくらいの激しい射精だった。
俺は心の中で山下の名前を呼びながら繰り返す射精の快感に身を委ねた。



--------------------------------
やっとアップできた。。つかれた。。
すみません、「杉山」→「山下」に改名しました。

予定外に岡田が山下ラブな展開になってしまった。。
でも2人ともゲイ設定では無く、
山下は単純にアナルが気持ち良いから弄ってるだけで、
岡田は初めて男を好きになったし、
これが恋なのかも分からない感じです。
そんな感じで進めて行きたいです。

ところでこれってSS? にしては長過ぎ?
つーかこれシリーズで続いたら普通にイラスト付きの小説じゃね?

次回は岡田を描きたいです。
できれば絡めたい。
むふん。。


拍手コメは次の更新で返信させていただますね。
少々お待ちくださいー。

岡田×山下01

四月。
第一志望だった東京の大学に無事に合格し、修学旅行以来の上京。
ネットで新居を探していたら「学生寮」という家賃3万5千円の物件があったのでそこに決めてみた。
面白そうだったのと、単純に親からの仕送りをあまり当てにできないという理由だった。

しかし、入居日に目の当たりにした俺の新居は「学生寮」とは名ばかりのただのボロアパートだった。
全部で4部屋、うち2部屋は空き部屋。俺が思い描いていた愉快な学生寮生活は一瞬にして露と消えた。
幸い、となり部屋の学生は気さくで話しやすい、同い年の大学1年生だった。
名前は山下篤志(やましたあつし)。俺よりも1週間早く入居したそうだ。
彼も「学生寮」に同じような期待を持っていたらしく、この悲しい現実をネタにした話題で俺たちはすぐに打ち解けた。

山下はよくふざけて冗談を言うが特に笑いを狙っているわけでもなく、一緒に居て気持ちの良い、適度に賑やかなやつだ。
しかしその反面、妙に落ち着いたところもあり、1人で部屋に居る(と思われる)時は物音ひとつ聞こえてこない。
意外と壁がしっかりしているのかとも思ったが、その考えは学生寮生活(笑)3日目の夜に覆された。


部屋の整理の途中で寝てしまっていた俺が目を覚ましたのは深夜2時頃だった。
トイレ(共同)に向かおうと廊下に出ると、山下の部屋から薄明かりが漏れているのに気付いた。
立て付けが悪くなっている扉の隙間からは押し殺したような息遣いも聞こえる。
山下の私生活が気になっていた俺は、悪いと思いながらもその隙間にそっと視線を通した。

となり部屋01

思った通り、山下は自慰に勤しんでいる最中だった。
予想外だったのは、その姿が息を飲むほど淫靡に感じられたことだった。

山下の身体は俺が思っていたよりも筋肉質で、厚みのある胸板や引き締まった腹筋が薄暗闇のなかで呼吸に合わせ、ゆっくりと伸縮を繰り返す。
下着も脱ぎ捨て、下半身を露わにしているが、部屋着のパーカーだけは脱ぎかけのまま肩から垂れ下がっている。
いつも着ている水色のパーカーの下に俺の知らない、こんなにいやらしい山下が隠されていたとは。
俺は驚きと共に不思議な興奮を覚えた。

となり部屋02

山下の呼吸に合わせ、右手の上下運動が加速してくると、部屋の中を漂う音は徐々に湿っていった。
透明な粘液で濡れた山下の先端は、ネチャネチャと卑猥な音を立てながら天に向かってグングンと膨れ上がってゆく。
少年ぽさの残る山下の顔からは想像できないような太くて逞しい陰茎は暗闇の中でも分かるほど真っ赤に充血している。

山下の息遣いと、時おり身体を震わせて漏らす小さな喘ぎ声が堪らなく色っぽい。
ふと気付くと俺の股間にも血液が集まり始めていて、前を圧迫していた。

となり部屋03

俺の勃起に追い討ちをかけるように山下の手の動きも加速してゆく。
腰を前へ突き出し、しなやかに反った腰の線は欲情を誘うような美しさだ。
よほど気持ちいいのだろう、山下は無心で自分のそそり立った陰茎を扱き続けている。

今まで抑えていた息遣いがだんだんと大きくなってゆく。
山下の両足の筋肉にグッと力が入ったのが分かる。
張り詰めている肉棒をなぞる手の動きは更に激しさを増す。

となり部屋04

山下の赤く染まった頬には汗が滲み、熱をおびた表情でひたすら手淫を続ける。
まさか友人がオナニーをしている顔にこんな興奮を覚えるとは思ってもみなかった。
射精に向けて山下の全神経がペニスに注がれている。
部屋中に漂う湿った空気からその高揚感がこちらにまで伝わってくる。

他には全く無音のアパートで、山下の息遣いや先走りに濡れた摩擦音は耳元で聞かされているように鮮明に感じられた。
山下の呼吸が深く、荒々しくなってゆく。
彼の股間から漏れる粘着質な音が鼓膜に響く。
心臓の鼓動までも聞こえてきそうな臨場感。
俺の脳内は淫らな山下の姿と彼から発せられる卑猥な音で一杯になっていた。

突然、山下の声にならない悲鳴と共に、一瞬の無音が空間を支配した。
次の瞬間、山下のペニスから乳白色の精液がドクドクと溢れ出し、宙を舞った。
ガチガチに勃起した山下のペニスから真っ直ぐ上に向かって次々と精子が噴出す。

となり部屋05

オナニーの激しさに比例して、射精も顔に届くほど激しかった。
射精を終えた山下は肩で大きく息をし、虚ろな表情だ。
彼の手の中では精液を滴らせながら彼のペニスがビクビクと脈打っている。

そして俺のペニスはこれからだと言わんばかりにズボンの中で膨れ上がっていた。


--------------------------------
すみません、長くなっちゃいました。
慣れないことはするもんじゃありませんね。
日本語、苦手なのにね。
思いついたのでつい書いちゃいました。
がんばってエロく書いたつもりだけど、どうでしょう。。
なんかむしろ絵よりも意見が欲しいw
「いや文章とかいらないから」とかあったら教えてください。
もう書きませんから。
逆にもっと書けって言われても書けるか分かりませんが。。

本当は漫画で描きたいんですけどね。。
画力がね。。

この話もせっかく設定考えたので他にも活かせればいいんですが・・・
どうなるかは分かりません。
とりあえず疲れたし寝ます。笑


拍手たくさんありがとうございますー!
なんかたまに全記事に拍手くれる方がいて、とても恐縮です。
拍手画像3枚しか無いし。。少しずつ増やしますねー!

▽拍手レス

最近の更新。
絵につけたタグたち。

漫画 / 4コマ / 練習 / 競パン / オナニー / 射精 / モッコリ / 脱ぎかけ / 巨根 / 全裸 / 挿入 / 先走り / アナニー / ブリーフ / SS / パーカー / プリケツ / ベスト / ビキニ / チラリズム / ボーダー / 制服 / ローター / ブレザー / 勃起 / ローション / 学ラン / トランクス / カラミ / 透けてる / プール / 濡れた体 / ディルド / 朝勃ち / ボクサーパンツ / 

拍手とメルフォ。
圭太の50%は拍手で出来ています。
メッセージも送れるようになってるので、連絡用にも使っていただけます。
拍手を送る
萌えサイトへ。
001 えびてん丼 ♂めんたいこ♂ ニキズム
お世話になってるサイト。
GAYARTNAVI ちょらりんく18禁 夜の交流所 Men's Rush
リンクフリーです。
当サイトへのリンクはご自由にどうぞ(´◡`)
コメントなどでご一報いただければ相互とかしますー。(基本的に創作系サイトのみ)
・サイト名:BOYS BOYS BOYS!
・管理人:圭太
・URL:http://boysboysboys.blog130.fc2.com/
▽JPGバナー(200x40px)
BOYS BOYS BOYS!
▽GIFバナー(88x31px)
BOYS BOYS BOYS!
(直リンク推奨/バナーURLはこちら
いろんなゲイサイト。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。